アルデンテな日日

毎日毎日少なくても日本酒三合は呑んでた男がなぜか不意にどうしても断りきれない宴会のある時にだけしかたなくとことん呑むことにしたとても断酒とは言えないタイトルは俳句っぽい禁酒日記のようなもの。

禁酒十七日月を宿すか射干の花

あきたこまち及びミルキープリンセスのための赤兎馬イカデビルバージョンの農作業は本日をもって終了。次回は来月の飼料用稲の時にまたまたアタッチメントである。さて今夕も野暮用で佐原を逍遥。ついでに我が禁酒を自ら鼓舞しながらそれでいて嘲笑おうと主に居酒屋をチェックポイントとして散歩王(ウォーキング)。やがて日もとっぷりと暮れて本日も夜勤は大遅刻に決定となる。されど今夜は威風堂々とはとてもいかず小心翼々な遅刻となるのである。ひたすら誰にも気づかれないようにあくまでも2時間も前から仕事していたような何食わぬ顔でさらにはうまく誤魔化すために世間の目を緊迫した世界情勢にもっていこうと考えているのである。私には出来るはずである。出来るはずである。 1時間15分の遅刻であった。さみしいことに誰にも気づかれなかったようである。めでたしめでたし*。

f:id:hooqooh:20170512213417j:image

*実際のところは完璧にバレてると思われます。